動画で学ぶ「システム変数」(53個・106分)



システム変数一覧のページ → システム変数一覧(PDF)

システム変数
コマンド 機 能 動 画

SetVar
全体

システム変数の値を変更します。 setvar.mp4

SysVarMonitor
全体

システム変数が変更された時に、バルーンで通知します。 sysvarmonitor.mp4
第1章(画面構成)
システム変数 機 能 動 画

StartMode
P2

[スタート]タブの表示/非表示を切り替えます。 STARTMODE.mp4

StatUp
P2

起動時に、いきなりテンプレートを表示させます。 STARTUP.mp4

FileTabPreView
P13

図面ファイル タブの上にカーソルを置いたときのプレビューの種類をコントロールします。 FILETABPREVIEW.mp4

GalleryView
P35

リボンのドロップダウン ギャラリーのプレビューのタイプをコントロールします。 GALLERYVIEW.mp4

CursorBadge
P17

作図領域に特定のカーソル バッジが表示されるかどうかを決定します。 CURSORBADGE.mp4

UcsSelectMode
P17

UCSアイコンを選択してグリップ操作できるかどうかをコントロールします。 UCSSELECTMODE.mp4

MButtonPan
P15

ホイールボタンをダブルクリックしたときの動作をコントロールします。 MBUTTONPAN.mp4

ZoomFactor
P15

ホイールボタンを回転したときの、拡大率・縮小率をコントロールします。 ZOOMFACTOR.mp4

ZoomWheel
P15

ホイールボタンを回転したときの、拡大と縮小の方向をコントロールします。 ZOOMWHEEL.mp4
第2章(基本操作)
システム変数 機 能 動 画

LastPoint
P42

@(アットマーク)って、何? LASTPOINT.mp4

LtGapSelection
P48

実線以外の線種の空白部分で、スナップできるかどうかをコントロールします。 LTGAPSELECTION.mp4

Elevation
P62

Z座標の数値をコントロールします。 ELEVATION.mp4
第3章(図面設定)
システム変数 機 能 動 画

ToolTips
P70

リボンやツールバー、ユーザ インタフェースのツールチップの表示をコントロールします 。
(オプション → 表示)
TOOLTIPS.mp4

RollOverTips
P70

ロールオーバー ツールチップは、作図領域内のオブジェクトの表示をコントロールします。
(オプション → 表示)
ROLLOVERTIPS.mp4

LogFileMode
P72

テキスト ウィンドウの内容をログ ファイルに書き込みます。
(オプション → 開く / 保存)
LOGFILEMODE.mp4

AutomaticPub
P74

図面を保存するときに、同時にDWFやPDFも保存するかどうかをコントロールします。
(オプション → 印刷とパブリッシュ)
AUTOMATICPUB.mp4

DblClkEdit
P76

オブジェクトをダブルクリックしたときの、編集の動作をコントロールします。
(オプション → 基本設定)
DBLCLKEDIT.mp4

ShortCutMenu
P76

マウスの右ボタンを押したときの、ショートカットの表示をコントロールします。
(オプション → 基本設定)
SHORTCUTMENU.mp4

FieldDisplay
P76

フィールドの背景色の表示をコントロールします。
(オプション → 基本設定)
FIELDDISPLAY.mp4

TrackPath
P78

位置合わせベクトル (TrackPath) を無限の線、または有限の線に指定します。
(オプション → 作図補助)
TRACKPATH.mp4

PickFirst
P80

コマンドとオブジェクトの選択順序を指定します。
(オプション → 選択)
PICKFIRST.mp4

PickAdd
P80

選択したオブジェクトを選択セットに追加するか、置き換えるかをコントロールします。
(オプション → 選択)
PICKADD.mp4

PickAuto
P80

個別選択か窓選択かを指定します。
(オプション → 選択)
PICKAUTO.mp4

Grips
P80

選択オブジェクト上でのグリップの表示をコントロールします。
(オプション → 選択)
GRIPS.mp4

SelectionArea
P80

選択領域に対する効果の表示をコントロールします。
(オプション → 選択)
SELECTIONAREA.mp4

SelectionPreView
P80

選択のプレビューを表示します。
(オプション → 選択)
SELECTIONPREVIEW.mp4

SelectionEffect
P80

光る線分のハイライト効果が表示されます。 SELECTIONEFFECT.mp4

CommandPreView
P80

編集コマンドの結果をプレビューすることができます。
(オプション → 選択)
COMMANDPREVIEW.mp4

PropertyPreView
P80

プロパティのドロップダウン リストやギャラリーにカーソルを合わせたときに、現在選択しているオブジェクトに対する変更をプレビューするかどうかをコントロールします。
(オプション → 選択)
PROPERTYPREVIEW.mp4


GridStyle
P84

グリッドの表示スタイルを変更します。
(作図補助設定 → グリッド設定)
GRIDSTYLE.mp4

GridDisplay
P84

グリッドの表示範囲を変更します。
(作図補助設定 → グリッド設定)
GRIDDISPLAY.mp4

GridMajor
P84

グリッドの主線と副線の数をコントロールします。 GRIDMAJOR.mp4

SnapType
P85

スナップのタイプを、グリッド(矩形状)スナップまたは Polar(極)Snap に設定します。
(作図補助設定 → スナップ設定)
SNAPTYPE.mp4

DynPrompt
P86

カーソルの横のダイナミック プロンプトの表示をコントロールします。
(作図補助設定 → ダイナミック入力)
DYNPROMPT.mp4

PolarMode
P89

トラックパス (TrackPath) の表示を水平垂直以外の角度に指定します。
(作図補助設定 → 極トラッキング)
POLARMODE.mp4
第5章(作成機能)
システム変数 機 能 動 画

FillMode
P194
ハッチング、塗り潰し、2D 塗り潰し、幅のあるポリラインを塗り潰すかどうかを指定します。
(オプション → 表示)
FILLMODE.mp4

HpQuickPreView
P202
ハッチング領域を指定するときに、ハッチング プレビューを表示するかどうかをコントロールします。 HPQUICKPREVIEW.mp4

HpLayer
(未記載)

ハッチングを指定した画層に作成します。 HPLAYER.mp4

QTextMode
P210
文字の表示方法をコントロールします。
(オプション → 表示)
QTEXTMODE.mp4

TextLayer
(未記載)

文字を指定した画層に作成します。 TEXTLAYER.mp4
第6章(修正機能)
システム変数 機 能 動 画

CopyMode
P231
複写の回数をコントロールします。 COPYMODE.mp4

OffsetGapType
P239
外側にオフセットしたときに、コーナーをシャープにするか、フィレットするか、面取りにするかをコントロールします。 OFFSETGAPTYPE.mp4

MirrText
P264
[鏡像]コマンドで文字がどのように鏡像化されるかをコントロールします。 MIRRTEXT.mp4

MirrHatch
P268
[鏡像]コマンドでハッチング パターンがどのように鏡像化されるかをコントロールします。 MIRRHATCH.mp4
第7章(寸法機能)
システム変数 機 能 動 画

DimDli
P273
並列寸法の間隔を指定します。 DIMDLI.mp4

DimLayer
(未記載)

寸法を指定した画層に作成します。 DIMLAYER.mp4
第8章(外部ファイル)
システム変数 機 能 動 画

AttDia
P308
属性値を入力するときに、ダイアログ ボックスを使用するかどうかをコントロールします。 ATTDIA.mp4

AttReq
P308
ブロックを挿入するときに、既定の属性の設定を使用するかどうかをコントロールします。 ATTREQ.mp4

XrefLayer
(未記載)

外部参照図を指定した画層に挿入します。 XREFLAYER.mp4

ImageFrame
P317
イメージのフレームの表示と印刷をコントロールします。 IMAGEFRAME.mp4
第10章(レイアウト)
システム変数 機 能 動 画

VpRotateAssoc
P375
ビューポートが回転されたときに、ビューポート内のビューも一緒に回転させるかどうかをコントロールします。 VPROTATEASSOC.mp4